企業の無線LAN導入時にはWPA2を

企業向け無線LANなどのセキュリティの規格には、大まかに分類すると三つの種類の企画が存在していますが、開発された順番としては、WEPが一番初めに開発され、次にWPAが開発され、WPA2に進化していきました。今のところは、 […]

企業向け無線LANなどのセキュリティの規格には、大まかに分類すると三つの種類の企画が存在していますが、開発された順番としては、WEPが一番初めに開発され、次にWPAが開発され、WPA2に進化していきました。今のところは、WPA2の規格に一番強固とされているAES暗号を一緒に組み合わせるWPA2-AESという方式が一番新しくて、一番良い暗号化の方式であるという風に評価をされています。そのため、WPA2-AESという方式のセキュリティの規格を導入することが一番望ましいということになります。一番古いセキュリティの規格であるWEPという方式は、暗号化をする仕組みがすでに解析されているので、セキュリティの効果を得ることが、あまり期待できないということになってしまいます。

WEPの方式での暗号化はすでに解析されている

近頃販売されている初期設定のときの状態の製品は、WEPの方式を使ったセキュリティの機能は効力が無いものとしている製品がほとんどとなっています。たくさんのお客様を迎え入れているホテルなどといった施設では、WEPの方式にしか対応していないモバイル機器を持ってきて無線通信を利用するお客様が出てくることが考えられます。ですので、近頃の一般的に提供されている無線ルータは、前もって設定しておくことにより、一番セキュリティレベルが低いとされているWEP方式を使った無線の電波信号を、WPA2方式を使った電波信号と一緒に発信することができる機能が搭載されていることがほとんどです。導入する前に基本的なセキュリティのチェックポイントをチェックしておくと、企業向け無線LANはとても便利です。

常にセキュリティに関する情報に気を付ける

セキュリティに対するチェックすべきポイントは決して難しいことではありませんので、チェックするのに長い時間が必要になることはありません。企業向け無線LANを構築した後も、継続して安全に利用するためには、セキュリティに関する情報を定期的に確認しておく必要があります。とても厳重だという評価を得ているセキュリティの方式も、時間が経過すると古くなってしまい、もっと高度なセキュリティ対策をする必要性が生じるときが来ることになります。WEPの方式のように、暗号化の仕組みを解析されてしまえば、またすぐに新たなセキュリティ対策をする必要が生じることになります。ネットワークを使ってデータのやり取りをしている以上、セキュリティに関する情報を常に気にする習慣を身に付けることにより、安全な状態の通信環境を維持することができるようになります。