企業が無線LANを導入した時の電波干渉は?

企業においても無線LANの導入事例が急速に増え、スピード感を持った業務の遂行に、大きな役割を担っています。しかし、スマートフォン、タブレット端末だけではなく、携帯電話、テレビのリモコン、タクシーやトラックの無線、電子レン […]

企業においても無線LANの導入事例が急速に増え、スピード感を持った業務の遂行に、大きな役割を担っています。しかし、スマートフォン、タブレット端末だけではなく、携帯電話、テレビのリモコン、タクシーやトラックの無線、電子レンジ、オーブンレンジなどなど、我々の暮らしの中には、電波を発するもので溢れています。そのような状況の中で、電波干渉がしばしば問題になる事があり、速度が極端に低下したり、不安定になるばかりか、突然通信の切断が発生してしまうようなトラブルに見舞われる事があります。ましてや、重要なデータの送受信や、大切なお客様とのメッセージのやりとりの最中だったとしたら、業務に支障を来たす事にもなりかねません。今回は、企業の無線LANの電波干渉が抱える問題点と解決方法について、探っていきます。

電波干渉しやすい2.4GHz帯の無線

無線LANの規格には、大きく分けて2.4GHz帯を利用する製品、5Ghz帯を利用する製品があります。現在、最も広く普及しているのは、2.4GHz帯を利用した製品で、伝送速度は、理論値でIEEE802.11bの最大11MbpsからIEEE802.11nの最大300Mbpsまで、さまざまな規格が存在しています。古くから続く規格のため、今となっては価格もリーズナブルで、有力な選択肢となりがちですが、その一方で、電波干渉が問題となります。2.4GHz帯は、電子レンジ、業務用の無線、bluetooth等と干渉し、近くで利用すると、通信が不安定になったり、切断する事があります。例えば、無線を積んだタクシーやトラックが近くを通過すると、通信が途切れるというのはよくある事です。他の電波と干渉しない環境が構築できるのであれば、コスト面で有利ですが、現代社会において、そのような環境の構築は難しく、企業ユースではなおさら、厳しいものとなります。

電波干渉しにくい5GHz帯の無線

一方、電波干渉がほとんど無く、安定した通信環境の構築が可能なのが、5Ghz帯を利用したIEEE802.11acを利用した無線LANです。最大の理由は、競合する周波数を利用した製品がほとんど存在しない事で、安定した通信環境を実現します。理論値ながら最大伝送速度は、1Gbpsに達するような製品も存在し、条件さえ整えば、光ファイバー回線の持つ速度を活かしながら無線による高速インターネットを享受する事が出来ます。ただし、5GHz帯の製品で揃えたからと言って安心できるわけではありません。多くの企業が電波干渉を嫌って5GHzに移行すれば、今度は5GHz同士での電波干渉の可能性が発生します。各メーカーもそれを把握しており、今度は、他の機器と被りにくい60GHz帯を利用するIEEE802.11adの製品が、徐々に販売され始めています。まだまだコスト面で不利ですが、現在11acが普及しているのと同じように、11ad全盛の時代が、もうすぐそこまで来ています。